校長挨拶
校長挨拶
 福井市明道中学校長の岡本靖典です。本校のホームページにようこそ。

  本校は、福井市の中心部に位置し、校区には、福井県庁、福井地方裁判所、福井市役所などの官公庁や数々の文化施設、体育施設、教育機関が多く恵まれた教育環境にあります。昭和22年に開校し、68年の歴史をもつ学校で、校区には結城秀康が築城した福井城址をはじめ、幕末の志士橋本左内先生の生誕地などがあります。校名は、福井藩の藩校「明道館」に由来しています。校訓「自啓・互敬・明朗」のもと、生徒たちは、明るく落ち着いた学校生活をおくり、学習や部活動、生徒会活動に一生懸命取り組んでいます。

 昨春、待望の県内中学校初の5階建ての新校舎が完成し、今春グラウンドの改修も終えました。新校舎の最大の特色は、国語、社会、数学、英語専用の教科学習室が1つずつ(英語は2つ)設置されていることです。教科学習室には、プロジェクターや電子黒板、移動式白板等があり、生徒の学習意欲を高めると共に、それぞれの教科の特色ある授業がしやすい環境になっています。さらに生徒が一人一台のタブレットを使える環境が整った北辰ホール(多目的教室)もあります。こうした設備や環境を有効に活用して、基礎・基本を定着させると共に、生徒の学習意欲を高め、主体的・協働的な学習を進めていきたいと思っています。また、グラウンドの改修とともに校地内を一周するランニングコースも整備され、部活動では周辺道路を使わず安全にランニングできるようになりました。

 また、本校は、開校記念マラソン大会や卒業生による課外授業「きらきら講座」など、特色ある行事も実施しています。年度末には、2年生が橋本左内先生の啓発録に学んで自分の志や目標を立て、その決意を発表したり、学年全員で心を一つにした合唱を披露したりする「立志の集い」を行っています。生徒玄関には、昨年2月に寄贈された橋本左内先生の胸像が建てられ、生徒たちを見守っています。

 地域や保護者の皆様のご理解とご支援をいただきながら、学校教育目標「自己啓発力のある生徒の育成」を実現するため、教職員一同が日々の教育活動に打ち込んでいます。今年も明道中学校区の順化、春山小学校や地域との連携をしながら、明道中学校の良き校風を生徒と共に更に高め、「一人ひとりが輝ける学校」を目指していきたいと思っています。

  • 新着情報
  • 在校生・保護者の方へ
  • 保護者・地域の方へ
  • 来校者の方へ
  • 校舎新築のあゆみ
  • 明道中学校パンフレット
  • 明道中学校同窓会